スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

切迫早産⑤

産まれる産まれると医師に言われたのにもかかわらず、
産まれなかった私の赤ちゃん。

ちょっとヤブなんじゃないのー?と思われそうだけどそうではないようです。
私と同じような人が何人か運ばれてきてたけど、その人たちはみんな
医師の予想通り産んでましたもん。

その人らの様子を見て人事じゃなかった私は、自分のことのようにウルウル
してしまったり、こういう風になるのねと毎回ドキドキしてました。

退院時に先生へ私の症例を聞いてみたところ、色々運が良かったというのも
あるのかもしれないが、あの状態から胎児がお腹の中にいる状態で
退院出来るケースというのは珍しいと言われました。

あたしって、運がいい~ヽ(´▽`)/~♪

そうそう、もうひとつ最後の問題として入院費というものがあります。
MFICUという場所に12日間もいたんだもん。それは恐ろしい入院費があるんじゃ…
やはり予想通り結構な金額が請求されておりました。
が! しかーし! 夫が忙しい中、区役所へいって限度額認定書
(入院時の自己負担額の適用)というものを申請してくれたおかげで
多少金額が減ってくれてホッ。
そして入ってて良かった生命保険。 ちょうど去年更新したばっかだったのよね。
女性疾病のもかけておいてよかった。
これのおかげでお金が少し戻ってくるのでトータルの負担額としては3、4万円の
出費というところでしょうか。
最初の請求書金額からみれば相当負担が減りました

今回の入院で一番振り回された人。 それは旦那だっただろうなと思います。
仕事の合間をみて遠い病院と家とを2往復する日もありました。 
区役所も行ってくれました。 毎日仕事帰りに病院へ来てくれてお見舞い&洗濯物を
取りに来てくれました。 本当にどうもありがとう。旦那!

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。