スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

切迫早産③

食事も歯磨きも寝たままで過ごした入院3日目。
入院時からうち続けているウテメリン(子宮収縮抑制剤)の点滴。
これのせいで体が熱い。動悸もする。 
最初は少量ずつ身体に入れていたものの、効果が表れずMAXの量まで
いっちゃったよ。 医師の方も色々考えてくれて私の体の負担を少しでも
減らすよう点滴事態に薬の量を増やして体に入れる量を少量にしてくれたり
色々やってくれている。

なのに、お腹の張りノンストップって… orz

血液検査の結果、子宮膜か粘膜?に炎症が見られこれ以上ウテメリンを
うち続けても張りが止まりそうにないのでウテメリン終了を告げられる。
34wという週数であるのと、炎症=細菌の心配というのも理由だったらしい。

えーと。ウテメリンを止めたらどうなるの? 素朴な疑問を先生に投げてみた。
先生 「恐らく、今日明日中に陣痛がきてお産になるでしょうね」
想像もしてなかった言葉が先生のお口から発せられ超ビックリ

 Σ(゚ё゚ノ)ノお産!? 
てか、これまたいきなり過ぎて心の準備が・・・

「なんか準備するものはありますか?」
「心の準備ぐらいですかね。ハッハッハ」

心の準備、全くできてねー(T▽T) ってか展開早すぎて出来る訳ないじゃんっ。

オロオロドキドキしながら事の流れを仕事中の旦那にメール。
旦那も展開の早さにビックリ。そして軽くパニックw

夜になっても陣痛は来ず。 ってことは明日くるのかな? ドキドキ。
点滴を止めたことでお小水の管も抜かれ、起きても大丈夫になったのは
とっても嬉しかったけど、いつ陣痛がくるかもしれないという恐怖で
眠れぬ夜を過ごしたのでした。
そう。近くにある分娩室から他の人の出産雄たけびを聞きながら…

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。