2010年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

結婚ぱーち~

7月にハワイで挙式をした旦那の妹ちゃん。
ハワイへこれなかった友人メインの1・5次会的なパーティーへ行って来ました。

ブライダルのお仕事をされている妹ちゃん。 参列する方ももちろん
ブライダルのお仕事の方ばかり。そして行われた日は大忙しの3連休。
なので通常よりもちょっと遅めの20時始まりでした。

新郎新婦や、両家のご両親へのサプライズがあったり、友人らの余興が
あったり、ゲームがあったりととても温かい良いパーティーだったな。

中でも、友人一同で小田和正の「たしかなこと」(♪忘れないでどんなときも~♪)を
ワンフレーズごとに順番に唄っていってサビは大合唱という We are the world的なやつには涙腺崩壊。 
こんなに沢山の人に祝福され、そして見守られて二人はホント幸せ者だね。
私のときは両家の両親も友人も住んでいるところがバラバラだった為、
ハワイでの挙式のみで友人を招いてパーティーとかしなかったから
今回こういうパーティーを見てとっても羨ましく思ったな。

お二人とも 末永くお幸せに!


スポンサーサイト

プール熱だけだと思っていたら

土曜日の夜からU坊がプール熱になってしまいました。
毎日高熱が続き、いつも元気なU坊が食べ物も飲み物も受け付けず、
しんどそうにしている姿は看病をしているこっちも見ていてとても
可哀想でした。

そして月曜日の夜。
そのときのU坊は39度近く熱があり、機嫌も悪くグズグズで私に
ベッタリでした。 U坊お気に入りのDVDを私の膝に据わらせて
一緒に見て、好きなキャラが出てくると指を指して何かを喋ると
ごく普通に過ごしていました。

見ている途中でU坊が振り返り、私の方をじーっと見てきました。
「どうしたの? ママの顔が見たくなった?(笑)」なんていいながら
U坊をみると、なんの応答もなくじーっと見たまま。
どうしたのかなと思い、正面を向くように抱っこすると、首をひねった
まま、目は斜めを見ている。 やだー(笑)何かそこにいるの?(笑)
と話しかけてもU坊は何も言わず斜め上を見ている。

え? どうしたのU坊? 呼吸もなんかおかしい。
縦抱きから横抱きに体勢を変えて、様子をみると体が硬直してるかの様に
ピーンと手足が突っ張り、体も反り返るように。
「U坊! U坊!」名前を呼んでも応答せず、変化もなし。
唇がみるみるうちに紫になっていく。 チアノーゼ!?
ということは、呼吸が出来てない!?
きゅ、救急車ーーーーー!!

慌てて携帯を探し、119番をかけようとするんだけど、
U坊を見ながらなのと、慌てすぎて何故だか電卓画面になっちゃう。
ようやく3回目にして119番をかけることが出来、住所と名前を
言って119番通報は終わり。
すぐ後に救急隊の方から連絡があって、詳細を話すことに。
話している途中でU坊の様子が元に戻ってきた。
携帯のボタンを押そうとするほど意識も戻ってきた。
「あのー。息子元に戻ってきたんですけど。すいません。。。(汗」
「そうですか。良かった。でも取りあえず様子も見たいですし、
 病院へいきましょう。もう少しで着きますから。」

救急車の中でのU坊は熱は相変わらず39度代で、救急隊員の
方の診察? をことごとく手で邪魔をし、意識がハッキリしている事を
アピール。
救急車を呼んだ自分も恥ずかったけど、邪魔をする息子も恥ずかし
かったよ。

小児救急のある病院へ着いて、先生の診察の結果、熱性けいれんでした。
熱性けいれんは100人中7人がなると言われているそうです。
そういう病気があるというのは知っていたけど、気が動転して頭が
真っ白になっちゃってたからなぁ。
唇が紫になった時点でヤバイ!って思っちゃったからなぁ。

◎ここで熱性けいれん最低限知識をば。
・けいれんを起こしたら嘔吐物が気管支に入らないよう、横向きに寝かす。
・熱性けいれんの場合、数分で治まる。
・どんな状態で何分起こしていたかというのをしっかり見ておく。
・治まっても必ず後で医師に診察してもらう。

だそうです。
実際に見た母親の意見としては、かなりビックリします。
テンパリます。 泣きそうになります。
この3点の中、いかに冷静に対処できるかはやはり知識があるのと
ないのでは違うと思うので、みなさんも頭の中に入れておくと
いいかもしれないですよん。

参照、熱性けいれんとは?(PC用)
http://www.kodomo-iin.com/booklet/booklet3-fc.html
http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/byoki/2/kenkou03_08.html

そして、今現在のU坊は、再度痙攣を起こすこともなく、おかげさまで
熱も下がり元気になってきました
しかし、まだ体力が戻ってなくてフラフラしているので、いつも以上に体や顔、頭をアチコチにぶつけまくってます(笑)

-----------------------------------------------------------------
追記

熱性痙攣を起こしたとき、救急車を呼ぶか?

テンパリすぎて私は呼んでしまったけど、熱性痙攣の場合は数分で
治まるのでもう少し様子をみるべきだったと反省しちょります

そこでこんな機関があるそうです。
救急車を呼ぶか迷ったときに「救急相談センター」
携帯、プッシュ回線:#7119
ダイヤル回線:03-3212-2323
ここに電話すれば、「医療機関の案内」「応急手当のアドバイス」
「医療機関への交通機関の案内」「必要な場合は救急車の出場」を
24時間受付・年中無休でしてくれるそうです。
私は早速携帯の電話帳に登録しました。 
119番の前に♯7で覚えてもいいかもしれません。

ママ友さんに教えてもらったんですが、「小児救急電話相談」というのもあるそうです。
電話番号: #8000 (携帯からも可)
ただ、24時間ではないので各都道府県の実地時間は以下のURLを参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/10/tp1010-3.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。