2009年04月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

授乳の悩み

入院時からU坊は母乳を飲もうとすると1分もしないうちに寝てしまう子でした。
小さいせいか、飲む力が弱いのと母乳の出が悪いせいなのでしょう。
足りない分をミルクで補おうとしてもやはり他の3kg代の子らと比べると、
飲める量は少なめでした。

退院して家で生活するようになり、入院時に比べて飲む量は少し
増えはしたものの、やはり飲む量は目安からして少ないのです。
母乳育児を目指す私としてはミルクばっかりあげて母乳が出なくなっても困るし、
かといってU坊の体重増加も気になるしと、夫と二人で悩みまくってました。
もっと母乳が沢山出ればいいのにと自分を責めたりもしました。

入院していた病院で、「退院しても授乳や体重で心配事があったら2週間後ぐらいに一度見せにおいで。」と言われていたので、1か月検診前だけどU坊を連れて病院へ。

体重増加はしてるけど通常より半分ぐらいの量である。
やはり小さいせいか飲む力が弱いのでしょう。
母乳も大切なのですが、まず先に体を作ることを優先させてみましょう。
体が大きくなれば飲む力も飲む量も増えますから。
対策として、母乳とミルクを交互に授乳してみましょうかね。
と、医師からアドバイスをもらって帰ってきました。

あと、先生はこんな話もしてくれました。
赤ちゃんの脳は日に日に発達しているそうで、栄養分である糖が
一番使われる場所なのだそうです。 
脳優先で使われる糖は、その残り分が体の方に行きわたるので
糖分が少ないと体に行きわたる分が少なくなってしまい、体の
発育も小さいままとなってしまうんだそうです。

なるほどね。 やっぱり医師に相談して良かった。
母乳にこだわり過ぎて与える量が少なくなってしまってたや。
これからはミルクだろうが、どんどん飲んでもおう。
1か月検診のときには順調に体重が増えてるといいな。

<おまけ>
母乳を与える時、いつもベストポジションを見つけるのに手間取っていた私。
授乳量で悩んでた時にYoutubeでこんなのを見つけました。



授乳の仕方なんて人それぞれやりやすいやり方でやればいいんじゃないの?
なんて思っていたのに、すっごーいの! これ。 
これの通りやったら腕も手も楽だわ、赤ちゃんも楽そうだわ、
手間取らなくなりましたん♪
スポンサーサイト

リゾート気分

入院してるとき、黄疸検査にひっかかってしまった U坊。
紫外線を浴びる治療を受ける為、保育器に入ることになりました。

黄疸って身体が小さい子ほどなりやすいらしいですね。
うちのこも2466gと小さい子だったので出てしまったのかな。

心配しながら保育器へ見に行くと、サングラスの絵がついた
目を保護するアイマスクを装着してました。



∵ゞ(≧ε≦; )ブッ きゃははは。 かわいい~~~~。

黄疸が軽めだったので、授乳時や面会時には保育器から出てみんなに
このカッコよさをアピールしてましたw

出産レポ③ 分娩

4/13 38w3d 16:00

分娩台に乗って、モニターをつけ、助産師さんから呼吸法と
いきむタイミングを教わる。
母親教室でならってたけど、このころになると頭真っ白で
分娩の時にすることなんてすっかり覚えておらず。

陣痛がくるタイミングに合わせて長く息を止め、いきむ!
息が苦しくなったらもう一度大きく吸って、いきむ!
長くいきむ! いきむ!いきむ!
この長く息を止めていきむというのが、かなり息苦しいの。
これを何回も繰り返すんだから、そりゃ大変さ。
途中、旦那に励まされたりお水を補給してもらったり。
旦那立ち合いで良かった。見守ってくれてるという安心感があるから。

ヘトヘトになりながらも頑張る。 陣痛の痛みと息苦しさで半泣き状態に。
いきむ力が弱まってきてしまった私に助産師さんが 「手を出して!」と。
言われるままに手を出すと、その手をお股の方へ。

プニってなんか触った・・・ え?これって…

助産師 「赤ちゃんの頭だよ。もうここまで出てるんだから頑張って!」
うぉぉぉ。もう少しなんじゃん! 私 頑張る! とヤル気復活。

途中、会陰切開とそのための麻酔を打つ。 ちっとも痛くない。
助産師さんが手で広げながら赤ちゃんを誘導してる。
そっちの方がよっぽど痛い。 
あ、でもここにきてようやくいきむコツがわかってきたような。(遅っw)

助産師さん、院長先生、旦那 みんなで頑張れといってくれてる。
自分でも 「頑張れ私」と、励ます。 
院長 「あと、1・2回のいきみで終りにしようね。男にはできない事を
    お母さんがやるんだよ。あともう少し頑張れ!」

そして頑張っていきんでるとき、裂けそうな痛みが走って声が
出なかった私も流石に「痛ーい!」と叫ぶ。
その痛さにグハッと力が入っていきみ続けようとすると、周りが何か慌ただしくなる。

院長 「バーから手を放して。 ほら赤ちゃんを感じて! ハッハッハッハ」
助産師 「力抜いて足開いて! 力抜かないと赤ちゃん飛び出ちゃうよ」

一瞬何の事だか分からず、アゥ?(≧ロ≦;=;≧ロ≦)アゥ?と思ったけど
すぐに理解。 頭がまるっと出たんだ。 もういきまなくてもいいんだ。。

院長先生の声に合わせて、ハッハッハッハと呼吸していると
ヌルっと赤ちゃんが出てきて周りから「オメデト~」という声が。

PM 4:44 2466gの男の子誕生。

旦那がすぐ私の顔の方に来てくれて、「よくやった! 頑張ったな!」と
褒めてくれました。
あぁ 私 やったんだ。 赤ちゃん産んだんだ。産めれたんだ。
ヤッター! 私。 赤ちゃん泣いてるよ~ウルウル(TдT)

達成感、感動、陣痛からの解放を思うと涙が出てきた。

感動の途中で 「お父さん、 へその緒を切るよ~」と、
助産師さんによばれ、旦那は私の足の方へ移動。
院長先生がうちのカメラを持って、旦那が切っているところを
撮影してくれた。 院長 ナイス働きw
へその緒を切る時に我が子が鉗子をしっかり握ってしまってて、
助産師さんに 「コラ。放しなさい(笑)」と、産まれて早々怒られてたw

一通りの分娩が終わった後は胎盤娩出と縫合。
胎盤娩出時は、お腹をガシガシ掴まれひねられ痛かった(;´д⊂)
比較的静かな分娩だった私もこの時は分娩室の外に「イタタ!」という
声が聞こえたと旦那が言っていました。
縫合は引っ張られてる感はあったけど、大した痛みもなく完了。

その後は数か月ぶりに重めの生理痛の痛みを思い出すことに。
いつもならこういう痛みの時薬を飲んでいたのにな~。今は我慢我慢。

経産婦なみのスピード安産でしたがやっぱ陣痛や分娩は痛かった(笑)
中でも陣痛が一番辛かった。でもよくいわれるように痛みなんてすぐ忘れてしまうのね(笑) 
そのあとの感動と赤ちゃん可愛さでぶっ飛んじゃうの。 
今でもあの時の感動を思い出すとウルウルしてしまうもの。
色々トラブルもあった妊娠時期だったけど、終わりよければすべてよし!
今は旦那と子供との3人暮らしがとっても幸せです♪

出産レポ② 陣痛室

4/13 38w3d

10:00 入院になったことを旦那に電話。
    「いやぁ 朝から尿漏れがすっごいな~って思ってたら破水だったよw
     と、いうことで入院になったので入院セットのカバン持って来て~」
    「あはははw オッケー」
    これまでに何度もお産になる! いやならなかった。というのを味わって
    来てるので、二人とも慌てず身構えるわけでもなく結構普通に会話。 

11:00 まだまだ余裕な私。本当に陣痛くるんかしら?とも思うほど。
     昼食を間食。 旦那ともベラベラしゃべっていた。
    
13:00 モニターをつけ、旦那と陣痛の数値が高くなると「K点を越えた!」等と
     冗談をいいながら過ごす。 張りと共に下腹部・腰・肛門に圧を
     感じるがまだ大丈夫な感じ。 間隔は6分。 
     初産婦の出産には14,5時間かかるといわれるところから、
     まだまだ時間がかかるだろうと思い、旦那には一度帰ってもらうことに。

13:30 突然、今までに感じたことのない痛いみが腰にくる。
     猛烈な痛さ。 もしかしてこれが陣痛てやつ? こんなのが頻繁に
     くるなんて私耐えられるんだろうか…

14:00 腰の痛みがキッチリ3分間隔に。 陣痛って本当にキッチリな時間で
     来るものなんだねと改めて認識。
     あまりもの痛さにもだえ苦しむ。助産師さんが来て腰をさすってくれた。
     力を入れて フー、フー、と吐く息と同時にさすってもらうと少し楽になる。
     子宮口 4cm。 赤ちゃんかなり下がってきてるとのこと。
     子宮口が1cm開くのに1時間かかるとして、全開まであと6時間の計算。
     この猛烈な痛みと戦うのかぁ。。。

14:30 腰をさすって貰う為、一度帰ってもらった旦那を呼ぶ。
     来てから腰をさすってもらう。
     
     間隔がもっと短くなってきたような気がする。ほぼずっと痛い。
     痛すぎて声が出ない。出ても耳を口元に持ってきてもらわないと
     聞こえないぐらい。顔を上げることもできない。せっかく来てくれた
     旦那の顔すら見れない。私の視界にはベッドの白いシーツだけ。
     後は痛みと戦いながらフーフーと呼吸するのが精いっぱい。
     
     陣痛が来るといきみたくなる。
     ううう。でもまだいきんじゃ駄目なんだよな。
     まだまだかかるんだろうな。 ヒッヒッフーの呼吸はもう少し後に
     とっておこう。 
     意識がもうろうとなりながら、短い間隔の陣痛と戦う。

16:00 助産師さんに 「よし! 分娩室行こう!」といわれる。
     え?て事は子宮口が全開で? え?え? 
     前に聞いたときは4cmて言われたのに早っ。でも 嬉しい。
     やっといきめるのね(T▽T)

分娩室へ行く前に助産師さんに言わなければいけないことが。
陣痛でろくに動くことも喋る事も出来なかったけど、猛烈な痛みに耐えながら
力を振り絞って 「うちの主人がへその緒を切りたいと…」と、伝えました。
院長先生からはOKをもらっていたへその緒切り、ちゃんと助産師さんにも
伝えておかないとね。

助産師 「分娩室には歩いていくんだよ! 頑張って!」
頻繁にくる猛烈な痛みの陣痛。起き上がるとか、動くとか無理ムリ!
だって、動いてる途中で陣痛くるんだもん。
でもここで痛がってても仕方ないもんね。
半泣き状態で旦那に支えられて分娩室へ。
    

出産レポ① 入院まで

4/11 38w1d 
お腹の張りがほぼ10分間隔になってきたかも…

4/12 38w2d 
朝から計っても10分間隔のまま。 
お腹の張りだけだし、まだ陣痛まではいかないのかな。
夜 鮮血っぽい色の出血有。 おしるし?

4/13 38w3d
AM3:30 張りと少しピリピリした痛みで起きる。
      間隔を1時間計ると7、8分だった。でも10分の時も有。

AM4:30 寝ようとしてみる。

AM5:00 寝れず起床。
      起きてからも相変わらず張りがあるのでソファでゆっくりする。

AM6:00 動くと尿漏れっぽいのがある。 朝食と軽く掃除を済ます。
      その間も動くたびに尿漏れが。
      今日の尿漏れ半端ねーなんて思いながら 何度もナプキン交換する。

AM8:30 万が一この尿漏れが破水という可能性もあるかもしれないので
      ある程度してあった入院準備を完璧にする。
      定期検診日なので病院へ。
      病院へ行く最中も尿漏れするので、ちょっと力を入れて尿漏れしない
      ように抵抗しながら徒歩で病院へ行った。 

AM10:00 子宮口は3日前と同じ3cm。 モニター検査は無し。 
       内診をする前に「朝から尿漏れっぽいのがあるんですけど」と
       念のために破水してるかの検査をお願いする。
       
       いざ内診してみるとタラタラと流れるものが。
       「これは尿漏れじゃないね。 破水だよ! 検査するまでもないよ。
        このまま入院!」     
      
どうりで尿漏れにしては頻繁に出過ぎると思ったよ。
そうかー 破水だったかー(笑) 破水って気づいたら動かないようにして
綺麗なお産パッドしてタクシーか車で病院へ行くのが普通だったよな。
私ったら、メチャメチャ普通に歩いて病院行って、普通に診察してんじゃんw
いや~ 知識があっても実際になってみると予定通りにはならないものなのね。


       
   

生まれました゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

4月13日、PM4時44分
2466gの男の子を出産し、
19日退院して来ました~ヽ(*´∀`)ノ

破水してたのもあってか、陣痛室にいたのが5時間
(内2時間は余裕ぶちかましてたw)、
分娩室では40分と、初産とは思えないスピード安産。
でもやっぱ陣痛と分娩は痛かった 。

詳しい分娩レポはまた後日にでも。 
その前に切迫早産レポもしなくちゃだしね。

今は慣れぬ育児をこなす日々だけど、楽しくやってま~す(・∀・)

38週 陣痛こないよー

結局陣痛はこなかった。
ま、赤ちゃんの体のことを思えば来なくてよかったんだよね(^ω^)

そして、また痛ーい内診をしに病院へ。
子宮口3cm、月曜日よりもやわらかくなっている。
赤ちゃんの推定体重も2400gを超えたので
これからはガンガン歩いてもいいと言われた。

よーし。 また今日からスクワットと床磨き作戦だ!

37週 検診日

モニター検査の結果、張りの間隔がなかなか良い間隔できていた。
イヒヒヒ。 毎日床磨きやスクワットやったかいがあったわ(´∀`)

先生 「今週中に生まれるかも。 でもまだ赤ちゃんが2400gには
     まだ満たなさそうなので、もう少しお腹の中にいてもらいたいな。
     なるべく動かずゆったり過ごしなさい。金曜になってもまだ陣痛が
     来なかったら様子を見せに内診だけしにおいで」

きゃ~゚ヽ(*´∀`)ノ゚今週中かもしれないですって♪
でも まだ欲しい体重にいってないからなるべくは
お産にならない方がいいのかぁ。。。 
仕方ない。赤ちゃんの体の事が一番だから体重がいくまで
ゆったりゴロゴロさせてもらおうかね。

それにしても内診のあのグリグリには痛くてビックリした。
刺激を与えるという意味合いもあるんだろうけど、あんなに
グリグリされるなんて。 思わず足をバタバタさせちゃったよ。

37週 作戦

37週に入り臨月に入りました(・∀・)
もう、いつ生まれてもいいわよ 息子!

予定日まで待ちきれないので、必殺床磨き作戦で早く下に
降りてきてもらいましょう。

大きいお腹で床磨きって結構な労働なのね。
でもおかげでお腹の張る回数が増えた気がする。イヒヒ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。