2008年07月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

タオルを巻く

ここ数日体調がよろしくなかった旦那。

昨日はとうとう寝込んでしまいました。
身体の節々を痛がり、熱も高い。

熱が高いのに寒いという旦那に、汗吸い取り兼寒さ防止の
タオルを首に巻いてあげました。

たまたまタオルが赤色だったせいか、巻きながら私の脳内には
あの音楽が…


猪木 ボンバイエ! 猪木 ボンバイエ!
♪チャ~チャ~チャン チャ~チャ~ チャ~チャン♪

首に赤いタオル巻くと猪木っぽくない?(笑)
旦那には悪いけど∵ゞ(≧ε≦; )ブッって吹いちゃった。

それに対して旦那の反応は、
「元気があればなんでもできる。元気ですかー!」とモノマネしてくれました。
体調悪いくせに、ノリよすぎw

今朝には旦那の熱も下がり、元気とまではいかないけど
お仕事にでかけました。 このまま良くなるいいんだけどな。
スポンサーサイト

奇跡のシンフォニー

~あらすじ~
11年と16日間、施設で育った11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)。彼は、両親の顔も名前も知らないが、心に聞こえてくる音を通じてつながっていると信じていた。そして、ある日、施設を飛び出し、N.Y.のストリートで生まれて初めて楽器に出会う。そこで、エヴァンは自分の想いを楽器に託して表現できるということに気付く。そして、自分の音楽はこの世界のどこかにいる両親の元へ届くと信じて…。果たして、エヴァンに奇跡は起こるのか――?


予告編を見ただけでウルっときたこの映画。
ハンカチ(しかもタオルハンカチw)とティッシュ握りしめて見に行ってきました。

この映画は「音楽」というテーマだけあって、音の使い方が上手いなと思う作品でした。
あらすじだけを見ると不幸な子供の話っぽく取られがちだけど、ちょっとしたラブストーリーも織り込まれております。

お父さん役の人にしても教会でゴスペルを歌ってる人にしても、みんな歌が上手い! それにいい声してるんだよな~。
なので、すんなり耳に入ってきて心地良かった

今まで自分の中だけに流れていたメロディーを楽器によって表現できる事を知った少年の姿は、とても楽しそうで嬉しそうで。 
いろんな思いが込められてるかと思うとホロっときちゃいます

ちなみに隣に座ってた年配のおじちゃん。始終泣きっぱなしでした(笑)
私が一番ウルウルきた場面はネタバレになっちゃうので、ここに書くのは控えておきます。


採点 ★★★★☆  
星Maxではないけど、いい作品でしたよん。 見終わった後も笑顔になれるし♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。